2006年12月09日

【土曜日のグルメ】こんな店へ行った(創作和食)

●村上製作所(中目黒)

外見からは飲食店と判別がつかない、知る人ぞ知るというお店があると聞き早速訪問。

場所は中目黒。

高架下に沿ってたくさんの飲食店が並んでいますが、5分程歩くとお店も途切れてきます。
やがて店がなくなり、お目当てのお店はどこ?という状態になりましたが、実は目の前にありました。

000_0326.JPG

町場にある普通の工務店かと思っていました・・・

外に明かりが漏れないようにドアの内側に幕が張ってあります。
勇気を出してドアを開け、幕を押し上げて店に入ると、意外に明るい空間が現われます。
木のテーブル席が4つとカウンター席、入口横にコタツのある2人席という配置です。

内装は高架下の店らしく、打ちっぱなし感が強いですが、ライトも洒落ており、正面には工事現場にある作業日程表が置かれています。(製作所っぽいシャレですね。)

時折電車が通ると大きな音がしますが、だんだん気にならなくなります。

メニューが登場。

000_0328.JPG

なんと方眼紙に記載されています。
お酒には金額が記載されていますが、料理は金額記載なしです。(ドキドキ)

3人で訪問したのですが、まず先付けが4品。

000_0329.JPG

色々食べられて良いですね。

ふろふき大根、厚揚げ、刺身、肉じゃが、豚角煮と和食メニューです。

000_0332.JPG

000_0331.JPG

000_0330.JPG

000_0335.JPG

000_0333.JPG

どれも体に優しい味です。

蛤風呂は、ぐつぐつ煮えだすと貝の蓋が、ぱっくり開きますので、出汁と共に食します。

000_0334.JPG

最後は鮟鱇鍋で締めます。残った出汁で作る雑炊がまたおいしい。

000_0336.JPG

そしてドキドキの会計タイム!!
ですが、びっくりするほどは高くはなく、ビールをガブガブ飲んで1人7,000円程でした。

知らないと絶対わからないので、お店のだいたいの場所だけ教えて、現地集合にして迷わせて、中から突然登場するなどのサプライズを与えるのもおもしろいですね。

お酒の種類も豊富ですし、今回は季節柄鍋で締めましたが、次回は炊き上がりに50分程かかる釜飯にチャレンジしようと思います。

ほろ酔いで2軒目は、中卓へ

ピンポ〜ンとベルを押して入店すると、時間が早いせいかすいていました。
しばらくまったりとしたあと、早速チャレンジ。
いい感じで体を動かしお店を後にしました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29273976

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。