2007年03月28日

【水曜日の一冊】こんな本を読んだ。(佐藤多佳子)



主人公:新二の陸上競技生活を通じて、部の同期や先輩との友情、家族の交流を絡め本人の成長を描いていく秀作です。
入部時から3年の大会までを描く3部作。

新二は、サッカー選手の兄:健一と友人でスプリンター:連に触発され、スプリンターの道を目指す。

素人から始めた競技でも、速くなりたいという気持ちは誰にも負けない。
仲間を信じ、ライバルと競り合いながら成長していく新二。
気になる異性との出会いと接近。

インターハイへ向けての最後の関東大会が迫る。
100メートル走に勝つのは誰だ?
有望な下級生を加えた400メートルリレーの行方は?

そして最終日、友人であり最大のライバルである連と新二の200メートル走の勝負が迫る。

高校生の「ひたむきさ」と「爽やかさ」が伝わってきます。

評価★★★★★
posted by 監督 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(さ行の作家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

【土曜日のグルメ】こんな店へ行った(寿司)

うまい鮨勘(築地市場)

築地市場内にある寿司屋を訪問。

000_0479.jpg

昼時は混雑しているとの話もあるので、朝9:00に行きましたが、一部の人気店は既に行列ができています。

000_0477.jpg

続きを読む
posted by 監督 at 09:34| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ(築地) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

【水曜日の一冊】こんな本を読んだ。(甘糟りり子)



週刊誌連載の人気エッセイの単行本化。
街の流行り物や楽しいことについて、学べます。
今、読んでも当時のことが思い出されて楽しいです。

最近、大地真央とデザイナー:森田恭通が婚約しましたが、この本の中でもシャンパン好きな「泡男」として登場しています。
この頃から、既に伝説だったんですね。

その他にも著名人として「Mじょん」などが登場。
一体誰でしょう?
あなたは、わかりますか?

評価★★★★
posted by 監督 at 11:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 本(あ行の作家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

【土曜日のグルメ】こんな店へ行った(台湾料理)

石鍋のぐち(上大崎)

以前、六本木の石頭楼を訪問しましたが、今回も同様の料理を提供する一軒家のお店を訪問。
以前は石頭楼という店名だったらしいですね。

場所は、白金台駅と五反田駅の中間で池田山公園近辺の閑静な住宅街にあります。

店の人の指示通り、店と思われる家の前に到着。
普通の一軒家で外から中の様子は窺えません。

000_0431.jpg

さらに店の看板はおろか、表札すらありません。
確信のないままインターフォンを押すと、何も返答がありません。

000_0430.jpg続きを読む

2007年03月15日

【木曜日の一冊】こんな本を読んだ。(五十嵐貴久)



オカこと岡村浩司が所属する弱小高校野球部。
オカの中学の同級生:沢渡が転校してきて、野球部は変わった。
女子マネージャーの西園寺女子学院:真美も加わり、もしかしたら甲子園?
が、そんなに世の中はうまくいかず、挫折あり、恋あり、やる気もまた出てきたりして。

仲間たちとの青春の山あり谷ありのやりとりに共感。

そしてプライドをかけた試合が始まる。
勝負の行方は?
恋の行方もお楽しみ。

当時のトレンド(おニャン子の夕やけニャンニャン、ふぞろいの林檎たち)世相を盛り込み、同世代の人なら、「ああそうだったね」と言わしめるリアル感が甦ります。


評価★★★★★
posted by 監督 at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 本(あ行の作家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

【土曜日のグルメ】こんな店へ行った(アンコウ鍋)

ほていさん(月島)

昨年に続き、今年もようやく1ヶ月待ちの末に予約が取れて訪問。
店内は、相変わらず満員です。

定番の付き出しである、めかぶとごま豆腐。
刺身も山盛りです。
ウニも盛り沢山。

000_0491.jpg

メインの鍋が登場。

000_0492.jpg

続きを読む
posted by 監督 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(月島) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

【金曜日の一冊】こんな本を読んだ。(三崎亜紀)



またまた奇想天外の発想から展開される物語。
30年に一度起こる町の「消滅」。
住民が消えてしまう!!

原因は?
その影響度は?

消滅した人も残された人も人生を狂わされる。
やがて彼らは、以前消滅した町:月ケ瀬に集まりはじめる。
消滅を食い止めることはできるのか?

人々の心の繋がりを描いた秀作です。


評価★★★★
posted by 監督 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(ま行の作家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

【日曜日のグルメ】こんな店へ行った(寿司)

ととや(不動前)

駅のそばにある魚屋の2階の寿司屋を訪問。

000_0458.jpg

カウンターなどなく、2〜8名掛けのテーブル席が10卓ほどあり、明るい雰囲気でファミレスのようです。

000_0457.jpg

続きを読む
posted by 監督 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(目黒・不動前) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。