2006年12月31日

【日曜日の一冊】こんな本を読んだ。(新堂冬樹)



広域暴力団傘下の雨竜組若頭:市之瀬の眼に留まり頭角を現し、今や闇金王と呼ばれる蔵王。
蔵王は完済した債務者に対して、サラ金業者から買いとった債権で言いがかりをつけて、再度支払わせる「二重取り」をシノギとしている。

エグイ取立を行う蔵王の前に次々と獲物が現れる。
商売敵や広域暴力団とも対決しながら、ついに最後の対決へ向かう。
破滅するのは誰なのか?
最後に笑うのは誰なのか?
そして驚愕のラストが・・・

WEBサイトで公開された作品の単行本化で、闇金の無間地獄を描いた極悪金融小説。

一晩ノンストップで読んでしまうおもしろさです。


評価★★★★★
posted by 監督 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(さ行の作家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

【金曜日のグルメ】こんな店へ行った(バー)

A・NEST(アネスト)(中目黒)

恵比寿からの2軒目として中目黒のバーを訪問。
店などないだろうと思う住宅地のど真ん中の、とあるビル。

黒い重々しい扉の横のインターフォンを押し、人数を告げるとロックが解除されます。
う〜ん。秘密めいてる。

000_0362.JPG

続きを読む

2006年12月23日

【土曜日の一冊】こんな本を読んだ。(伊坂幸太郎)


それぞれ常人にはない特技を持つ4人の男女。
彼らは百発百中の銀行強盗。

次なる標的を選び、実行したが、なんと逃走中に別の現金輸送車襲撃犯に横取りされてしまう。
奪還に動くが、犯人一味の死体が出現したり、仲間の息子のいじめも絡んできたりして、
騙し騙されが続く。

そして最後のドンデン返しが・・・
ハイスピードな展開に引き込まれます。

佐藤浩市、鈴木京香らが出演し映画化もされています。


評価★★★★★
posted by 監督 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(あ行の作家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

【土曜日のグルメ】こんな店へ行った(隠れ家レストラン)

●ikra(イクラ)(恵比寿)

魚卵が売りのオートロックマンションの一室にあるお店を訪問。
場所は恵比寿駅西口から5分程です。

見上げると外からは煌びやかなライトがほんのり見えます。
インターフォンで201を押して入店の旨を告げるとロックが解除されます。

000_0356.JPG

続きを読む
posted by 監督 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(恵比寿) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

【木曜日の一冊】こんな本を読んだ。(恩田陸)



朝の8時から翌朝の8時まで全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通す北高の伝統行事「歩行祭」。

同じクラスにいる西脇融が異母きょうだいであることを誰にも言えなかった甲田貴子は高校生活最後の「歩行祭」に臨み一つの賭けをした。

それぞれのグループに分かれて歩きながら、高校生活の思い出や今後の夢を語り合う友人たち。
やがて「歩行祭」も終盤を迎え残された時間も少なくなってくる。
貴子が自らに課した賭けの結果は?
そして賭けの内容とは?

高校生の友情や気持の揺れ動きをストレートに描いた本屋大賞受賞作。

評価★★★★★
posted by 監督 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(あ行の作家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

【土曜日のグルメ】こんな店へ行った(創作和食)

●村上製作所(中目黒)

外見からは飲食店と判別がつかない、知る人ぞ知るというお店があると聞き早速訪問。

場所は中目黒。

高架下に沿ってたくさんの飲食店が並んでいますが、5分程歩くとお店も途切れてきます。
やがて店がなくなり、お目当てのお店はどこ?という状態になりましたが、実は目の前にありました。

000_0326.JPG

続きを読む

2006年12月08日

【金曜日の一冊】こんな本を読んだ。(薬丸岳)



頻発する幼女に対する性犯罪事件。
抑止する手段はないのか。
やがて、事件発生のたびに「サンソン」を名乗るものが前歴者を殺していく。
目には目を、身勝手な欲望を持つ者には死を。

性犯罪事件で妹を失った過去を持つ警察官:長瀬も捜査に投入されるが、
嘲笑うかのように犯行が続く。
警察に対する不信感を持つ者、サンソンに理解を示す者、劇場型犯罪が日本中を巻き込み論議を巻き起こす。

そして、また性犯罪事件が発生し、サンソンの犯行がせまる。

警察は、長瀬は、犯人を逮捕できるのか?
そして「サンソン」とは誰なのか?
驚愕のラストまで一気読みしてしまうおもろしさ。

「天使のナイフ」で被害者のやり場のない怒りと復讐劇を描いた薬丸岳の江戸川乱歩賞受賞第一作。


評価★★★★★
posted by 監督 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(や行の作家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

【土曜日のグルメ】こんな店へ行った(ビストロ)

Pot-Bouille(ポ・ブイユ)(恵比寿)

恵比寿に賑やかな雰囲気で美味しいビストロがあると聞きディナーで訪問。

お店は恵比寿駅西口を出てカルピス本社の裏手にあり、
駅からは5分程度なのですが、道を知らないと結構迷う人もいるようです。

裏道を歩いていると、暗い中に突然明かりが目に飛び込んできます。

000_0312.JPG

続きを読む
posted by 監督 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(恵比寿) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。